新型コロナについて

新型コロナによる騒動がすごいことになっていますね。。。

多くの方が様々な不安を抱えていることと思いますので、今回は当院に通われている患者さんに向けて少しでも安心して過ごせるための情報を発信することにしました。

もちろん気をつけることに越したことはないですが、過度の恐れや不安は必要ないと考えています。

 

新型コロナに関する情報やどんな対策をしたら良いか、当院への通院に関してお伝えしていきます。

 

新型コロナウィルスの現段階での状況(2020年4月14日)

(※こちらの画像は「内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室」のサイトからお借りしました。)

 

新型コロナウィルス

現時点で感染者数6,677人、入院している方5,165人、退院した方1,406人、死亡者106人

 

インフルエンザと比較しますが(昨シーズン およそ2018年の9月から2019年の4月までの7ヶ月間)、

感染者数1,200万人、入院患者数は20,389人、死亡者3,400人以上

今回のコロナでも度々報道されている国立感染研究所のサイトを参考にしました。

 

この数字を見ていただければ一目瞭然ですが、インフルエンザの方が圧倒的に強いウィルスだとわかります。

今回の新型コロナでパンデミックになるならインフルエンザは毎年毎年ハイパーパンデミックです。笑

ではなぜ緊急事態宣言が出されたり、これだけ騒がれているのかは今回の趣旨とはズレるので割愛します。(本当はすごく重要)

 

インフルエンザの方が圧倒的に強いウィルスです。

もちろん気をつけるに越したことはないですが皆さん安心してください、そこまで恐れるほどのウィルスではないことが数字に現れています

新型コロナウィルスの症状

新型コロナウイルス感染症の初期症状

 

鼻水や咳、発熱、軽い喉の痛み、筋肉痛や体のだるさ(倦怠感けんたいかん)など、風邪のような症状が生じます。特に、37.5℃程度の発熱と強い体のだるさを訴える人が多いという特徴があります。

また、“においが分からない”“味が分からない”など、嗅覚・味覚障害が起きる人もいることが分かっています。そのほか、人によっては鼻詰まりや鼻水、頭痛、痰や血痰けったん、下痢などが生じることがあります。

新型コロナウイルス感染症の初期症状はおよそ5~7日間程度続き、重症化しなければ次第に治っていきます。

重症化すると

初期症状が5〜7日間で軽快せず重症化すると、肺炎を発症し、呼吸が苦しくなる、いわゆる呼吸困難の状態に陥ることがあります。

また肺炎だけでなく、上気道炎や気管支炎など、そのほかの呼吸器系器官にも炎症が生じるケースもあります。

 

新型コロナウイルス感染症が重症化し、肺炎が生じても、半数以上の場合は症状に対する治療を行うことで徐々に回復します。

しかし、肺炎が悪化し重篤化すると、急性呼吸器症候群(ARDS)や敗血症性ショック、多臓器不全などが起こり、場合によっては死に至るケースもあります。

 

重症化や死亡というと不安や恐れを感じるかもしれませんが、これは風邪でもインフルエンザでも同じです

インフルエンザでは毎週100人以上の方が亡くなられています

当院で行なっている衛生管理

・換気しながら施術をしています

・手洗いうがい

・スタッフの健康調査(体温を毎日計り37.5度以上でしたら出勤停止。現在は受付スタッフはできるだけ出勤しないようにしています)

・マスクの着用

・お客様への健康チェック(4月14日からご来院患者さんすべてに体温の計測。37.5度以上ある場合は施術を受けられません。)

 

当院がクラスター(感染源)とならないように努めています。

当院への通院に関して

自分が感染するのが心配、自分がウィルスを所有している可能性があって人に感染してしまうのが心配、先生に感染してしまうのが心配(そんな優しい方もきっといると思っています。笑)、などなどカラダがつらいから通院したいけど通院するのがこわいと考えている方も多いと思います。

 

現段階の当院の方針としては、

稼働日数・時間、稼働スタッフを少なくして上記で説明した衛生管理を行いつつ営業を続けます。

 

なので新型コロナが不安でキャンセルしたい方は全然OKです。

通院したい人は気にせずウェルカム。

 

不安な人はコロナ落ち着いてから通院すれば良いですよ。

カラダがつらかったら我慢せず、相談だけでも良いからLINEで連絡してくださいね。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事