痛みで目がさめるほどの五十肩

四十肩・五十肩が改善した症例をご紹介します

当院の整体で四十肩・五十肩がどのように改善したかをご紹介します。

あなたの四十肩・五十肩が良くなるイメージを持つことができると思うのでぜひご参考にしてください。

患者さん情報

70歳 男性 農業 2021年来院

住所:藤沢市在住

来院された経緯・症状

5ヶ月前にマッサージを受けてから両肩が痛み出し、整形外科で五十肩と診断されました。

痛み止めなどの薬を飲んでいましたが良くならずご紹介でのご来院です。

右肩よりも左肩の方が症状が強く、夜中に痛みで目がさめるほどでした。

今まで痛みを解決するためにしてきたこと

マッサージ、鍼、整形外科

症状が良くなったらやりたいこと

仕事やスポーツをしたい

検査結果・整体後の経過

右腕は、外転(横から腕を挙げる動き)160度まで、後屈(帯を結ぶような動き)は腰のあたりまでしか手が動かない状態でした。

左腕は、屈曲(腕を前から上に挙げる動き)140度くらいまで、外転(横から腕を挙げる動き)140度、後屈(帯を結ぶような動き)は腰までしか手が動かない状態でした。

 

整体を始めてから徐々に動きが良くなるにつれ痛みも和らいでいき、9回目の整体で両腕とも正常の可動域に戻り痛みもなくなりました。

まとめ

マッサージ、鍼、整形外科に通院しても痛みがとれない五十肩でしたが良くなり良かったです。

肩甲骨の動きを改善したこと、それと同時に前腕、大胸筋、広背筋などの縮こまっていた筋肉を緩めることで五十肩が解消されたと考えられます。

このページの著者

神奈川県藤沢市 湘南台ゆがみ改善整体院

院長:古谷玲央 整体師・鍼灸師

痛くない、たった10分で効果を実感できる整体を行っている治療家

目標は1回で全ての痛みや不調を解消すること(まだその域には到達していません)

整体技術の向上のために日々研鑽しています

五十肩・四十肩について詳しくはこちら

五十肩・四十肩

この記事に関する関連記事