30代 男性 階段の上り下りがつらかった左膝の痛み

M.Tさん 38歳 膝の痛み

38歳 男性 プロボウラー

藤沢市在住

 

来院された経緯

9ヶ月前くらいから左膝に痛みを感じ始めました。

病院では、変形性膝関節症と診断されたようです。


症状

  • ボールを投げるとき
  • しゃがむ
  • 階段の上り下り
  • 走る

時に左膝に痛みを感じます。

 

初回カウンセリング

1年程、本業のボウリングが思うようにできない状態が続いていて、つらそうでした。

膝の痛みがなくなったら試合に出て、トーナメントに復帰したいという願望がありましたので、達成できるようにサポートしていきます。

 

これからおカラダの検査をして膝の痛みが起きている原因を伝え、M.Tさんに合った施術をしていくことを伝えました。

検査結果・考察

M.Tさんのカラダを検査していくと

  • 骨盤
  • 背骨
  • 腰の動き
  • 肩甲骨

ゆがみがあり動きの悪い状態でした。

これらのゆがみ・動きの悪さが膝に負担をかけ、左膝の痛みを起こしている可能性があります。

先ず、これらのゆがみ・動きの悪さを解消してから、直接、膝の調整をすることになりました。

初回の施術

ゆがみ・動きの悪さを整えるために

  • 首の調整
  • 骨盤の調整

を行いました。

また、筋肉をポンプするように全身の血液循環を高めます。

さらに、直接、膝関節の調整を行いました。

 

3回目の施術 初回の施術から1週間後

はじめの膝の痛みを10とすると8〜9

少し痛みが落ちついてきました

ボウリングの練習でだいたい5ゲームくらいは投げるようですが、3ゲーム目から痛みがでなくなったようです。

今回は

  • 内臓の調整

を追加しました。

6回目の施術 初回の施術から3週間と5日後

はじめの膝の痛みを10とすると10→5〜6くらいまで消失。

M.Tさんの場合、スポーツをしながらの通院なので通常(スポーツを休んで安静にする)よりも回復に少し時間はかかっていますが、順調に膝の痛みは落ちついてきています。

今の時点で深くまでしゃがめるようになり、前は痛くて投げれていなかったのが投げられるようになりました

 

9回目の施術 初回の施術から1ヶ月と2週間後

はじめの膝の痛みを10とすると3〜4

階段の上り下りで痛みはなく、ボウリングの1ゲーム目のみ痛みがでる状態。

 

10回目の施術 初回の施術から2ヶ月後

はじめの膝の痛みを10とすると1〜2

ほとんど痛みを感じずに、来月の試合に出れそうとのことで、痛みの施術は卒業し、定期的にケアをしていくことになりました。

 

まとめ

症状

  • ボールを投げるとき
  • しゃがむ
  • 階段の上り下り
  • 走る

これらの動きで左膝に痛みを感じていました。


9ヶ月前くらいから左膝が痛みだし、
M.Tさんはプロボウラーなのですが満足にボールを投げられない状態。

 

原因

  • 骨盤
  • 背骨
  • 腰の動き
  • 肩甲骨

これらのゆがみ・動きの悪さが膝に負担をかけ、左膝の痛みを起こしている可能性がありました。

 

まとめ

M.Tさんの9ヶ月前から続いていた左膝の痛みは、10回の施術で2ヶ月後には痛みなくボウリングできる状態まで回復しました。

プロボウラーでボールを投げれないというのはかなり辛いことだと思うので、しっかり膝の痛みなく投げられるようになり、試合にも出られるようになって良かったです。

 

患者さんの喜びの声

この一年、膝の痛みで本業のボウリングができなかった状態が続いていたが、今ではトーナメント復帰できるようになりました

優勝めざしてまたボウリングがんばります!

 

再発しないように先生と一緒にケアしていきたいです。

変形性膝関節症(膝痛)について詳しくはこちら

変形性膝関節症(膝痛)