枕が合わなくて肩こりになっていませんか?

枕が合わなくて肩こりになっていませんか?

肩こりは腰痛などと同じ、国民病の一つです。多くの方が肩こりを感じているのです。当院の患者さんでも別の症状で来院されても、ほとんどの方が肩こりを肩こりを併発しています。

その中でも特に肩こりがひどく「枕が合わないのかも」と相談に来られる方もいます。枕が合わないと感じていて肩こりが起きている場合、じゅうぶんな睡眠をとれていないことが多く、さらに肩こりが悪化してしまうのです。

枕が合わないとお悩みのあなたのために、お役に立てるようなお話しをしていきますので、ぜひ参考にしてください。

肩こりがつらくて朝目が覚めていませんか?

肩こりがつらくて目が覚めてしまうのは、枕が合っていない可能性があります。通常ですと、カラダは寝ている間に回復していくはずです。ですが、目が覚めた時に肩こりを感じているのであればカラダが回復できていません。

本来は寝て起きたら、朝はスッキリ疲れも残っていない、というのが理想です。朝起きて疲れが残っていたり肩こりを感じる場合は、回復できていないどころか寝てる間に肩こりが起きてしまっています。寝てる間に肩に負担がかかっているのです。

枕が合わないからです。枕が合っていないと、寝ている間に肩に負担をかけ肩こりを引き起こします。そして循環が低下するのでカラダを回復できず、疲労がたまっていくのです。

寝ても肩こりが回復されないので、どんどん肩こりは悪化しガンコな肩こりになってしまいます。

枕が合わないと肩こりになる理由

枕が合わなくて肩こりになる秘密は頚椎(首の骨)にあるのです。通常の寝心地の良い枕や低反発の枕は、頚椎をしっかり支えるようになっています。頚椎をしっかり支えてくれるから安心感があり、良い枕だと思いますよね。

TVや雑誌などでも見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。でも実は、寝ている間に頚椎はしっかり支えない方が良いのです。頚椎をしっかり支えてしまうから肩こりが起きて、じゅうぶんな睡眠がとれなくなります。

頚椎にはカラダのバランスをとる役目があるのです。人が二本足で立てるのは、頚椎が重い頭を支えてバランスをとってくれています。バランスをとるためには、ある程度柔軟性があり動きのあることが重要です。

片足で立ってバランスをとろうとするとき、全身をやわらかく柔軟性を高めて膝を曲げたり、手を動かしたりしてバランスをとりますよね。カラダにガチガチに力を入れて片足で立とうとしても、すぐに倒れてしまうはずです。

これは頚椎にも同じことが言えます。バランスをとるには、柔軟性があって動きがある方が良い。ガチガチに固まっていてはバランスはとりづらいですよね。首をしっかり支える枕は、頚椎をガチガチに固定しているような状態です。寝ていても立っているときと同様に頚椎でバランスをとります。

寝ている間に枕で首を固定してしまうと、カラダも固くなり肩に負担がかかって肩こりを起こしてしまうのです。

枕は使った方が良いのか、使わないほうが良いのか?

いちがいにどっちが良いということは言えません。当院では枕が合わないとお悩みの方には、枕のチェックをしています。

普段使っている枕を持ってきてもらい、枕がある方が良いのか、ない方が良いのか、カラダの状態をみながらチェック。ほとんどの方が枕がない方が、通常の枕を使っているよりはカラダがガチガチにならずゆるみが出ます。

どちらが良いとはいちがいには言えないので、お自分で試してみて朝起きた時に肩こりが楽に感じる方で良いです。

肩こり改善には睡眠が重要です

睡眠はカラダを回復させてくれるので、肩こり改善には重要です。当院では肩こりに効く「整体してくれる枕」の販売をしていますし、タオルで作れる枕もご紹介しています。

もし枕が合わないとお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

睡眠不足や質の良くない睡眠では、肩こりだけで様々な不調を起こしてまうのです。枕が合わなくてお悩みの方がたくさんいます。どういう枕が良いかわからない、とお悩みにも力になれるはずです。

ぜひ、お気軽にご相談くださいね。

ガンコな肩こりをなんとかしたい・・・

枕が合わなくて肩こりがひどい。頭痛やめまいもする・・・。そういった方は、早く肩こりから解放されたいですよね。

そのためにはカラダの「ゆがみ」を改善する必要があります。当院ではガンコな肩こりを起こしている「ゆがみ」から調整。肩こりだから肩だけという施術ではなく、全身の調整をして肩こりを解消。

肩こりを起こしている「ゆがみ」を整体で調整しさらに循環を促進することで、なにをしても良くならなかったガンコな肩こりの解消を目指します。

肩こりの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加