ご飯を噛むのでさえ痛みがあった顎関節症

顎関節症が改善した症例をご紹介します

当院の整体で顎関節症がどのように改善したかをご紹介します。

あなたの顎関節症が良くなるイメージを持つことができると思うのでぜひご参考にしてください。

患者さん情報

35歳 女性 会社員 2018年来院

住所:横浜市在住

趣味:筋トレ、サーフィン

来院された経緯・症状

1週間前から顎関節症を感じ始め、3日前に歯医者さんにいきましたが良くならずご来院。

歯医者さんでは「一生治らないものなので今後付き合っていかなければいけない症状」と伝えられたようです。

カクンとひっかかる感じや、あくびや物を噛むときにずれる感じがありました。

今まで痛みを解決するためにしてきたこと

歯医者さんに1回通院

症状が良くなったらやりたいこと

ステーキ食べたい

検査結果・整体後の経過

初回検査では背骨、骨盤、腰まわりにゆがみがあり動きのかたい状態でした。

この動きのかたさが顎に負担をかけ顎関節症を起こしている可能性があります。

 

初回の整体で顎関節症は10→3まで消失、6回目で痛みは10→0(期間は1ヶ月)全ての顎関節症がなくなりました。

 

まとめ

ご飯を噛むのでさえ痛かったようですが今では痛みがとれてステーキを食べられるようになったようです。

顎関節方が良くなった要因は、ゆがみが整い顎にかかる負担が減ったことで顎関節症が解消されたと考えられます。

このページの著者

神奈川県藤沢市 湘南台ゆがみ改善整体院

院長:古谷玲央 整体師・鍼灸師

痛くない、たった10分で効果を実感できる整体を行っている治療家

目標は1回で全ての痛みや不調を解消すること(まだその域には到達していません)

整体技術の向上のために日々研鑽しています

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症