坐骨神経痛に効くストレッチ

こんなお悩みありませんか?

  • 腰からおしりにかけて痛みとしびれがある
  • ちょっと動いたりするだけで、足の付け根を中心におしり、膝の裏が痛む
  • 腰、ふくらはぎとすねが痛みとおもだるく、夜寝るにも歩くにもつらい
  • ふくらはぎから下のしびれ
  • 歩くときフワフワして足に力がはいりにくい

 

坐骨神経痛でよくやってしまうこと

おしり、太もも、ふくらはぎに痛み・しびれがあると柔軟性を高めて解消しようとストレッチをします。カラダが硬いから痛み・しびれが出るんだと考えているんですよね。

ただし、坐骨神経痛はおしり、太もも、ふくらはぎの痛み・しびれはその部分に問題があって起きているものではありません。坐骨神経痛は腰やおしりに問題があり、坐骨神経を圧迫してしまって起こる症状です。

痛み・しびれが起こると「カラダが硬くなったせいだ。だから、ストレッチをしてカラダをやわらかくしよう」と思い、ストレッチをして悪化させてしまう場合もありますから注意してくださいね。前屈などをして腰に負担をかけると悪化させてしまう可能性が高いです。

もう一つはマッサージ。これも「筋肉が固くなっているから痛みとしびれが起きるんだ」と考えて強もみのマッサージをしてもらう方が多いです。

坐骨神経痛は何かしらの問題で腰やおしりに負担がかかり、坐骨神経を圧迫して起きています。ですので、マッサージをして腰やおしりの筋肉に負担をかけてしまうと悪化する可能性がありますのでお気をつけさい。マッサージをしたいのであれば軽めの刺激でじゅうぶんです。

坐骨神経痛の原因とは

  1. 筋肉が固くなっている
  2. カラダのゆがみ
  3. 腰椎ヘルニア、分離症、すべり症、脊柱管狭窄症など

坐骨神経痛を解消するには

腰痛を改善していく必要があります。坐骨神経痛はおしりや太もも、ふくらはぎに痛みを感じてそこだけをストレッチ、マッサージをしても良くなりません。しっかりと腰痛を改善していくことが必要になります。

坐骨神経痛に効くストレッチ法の紹介

ストレッチを3つご紹介します。

 

  1. ふくらはぎのストレッチ

ストレッチの注意点

坐骨神経痛の関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加