坐骨神経痛の本当の原因

坐骨神経痛には2パターンあります

  1. 整形外科でレントゲンやMRIの検査をしたけど「異常なし」
  2. 検査で骨と骨の間が狭くなっている、腰椎椎間板ヘルニアや脊椎分離症など、背骨の問題などがみつかり「異常あり」

治療法は2パターンともほぼ同じで、痛み止の薬、シップ、ブロック注射、安静。「異常あり」の場合で痛み・しびれが強い場合、手術をすることもあります。

「異常なし」の方はもともと腰痛持ちの方が多いです。腰痛が悪化すると坐骨神経痛に発展します。

検査結果が「異常なし」でも異常はあります

日本人の85%は原因がわからない「異常なし」で腰痛を感じています。病院のレントゲンやCT,MRIなどの検査での「異常なし」は骨や神経などの異常がなし、ということです。

痛み・しびれは、カラダが出している「どこかに異常があるよ」というサイン。病院の検査で、骨や神経に異常がなくても、カラダのどこかに「異常はあります」。

その異常をみつけて、解消してあげることが痛み・しびれの改善への近道です。

「異常あり」でもあきらめる必要はありません

整形外科で、「骨と骨のすき間が狭い」「腰椎椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」が坐骨神経痛の原因と診断されても、諦める必要はありません。

骨に問題があると「もう治らない・・・」「手術しかないか・・・」と考えがちになりますが、全てが手術が必要というわけではありませんので安心してください。

腰椎ヘルニアや腰椎分離症だから坐骨神経痛になるのではなく、腰椎ヘルニアや腰椎分離症になってしまうカラダの状態にあるから坐骨神経痛にもなるのです。外傷(転ぶ、打撲など)以外で腰椎ヘルニアや腰椎分離症が起きるのも、ただ単に急になるのではなく、時間をかけてカラダを悪い状態にしていることで起きます。

「骨と骨の間が狭い」「腰椎ヘルニア」「腰椎分離症」の方でも、坐骨神経痛を感じない人もいるのです。このことから考えても、背骨に問題があるからといって坐骨神経痛の原因にはなりません。

痛み止めの薬、シップ、ブロック注射は坐骨神経痛の解消にはなりません

  • 薬を飲んでも変わらない、と思いながら飲み続けていませんか?
  • シップを貼っても意味がない、と思っていますよね?

坐骨神経痛の方は、薬やシップをしたことがあるのではないでしょうか。そして、効果がなくて「もう治らないんじゃないか、、、」と不安を感じていませんか?

大丈夫です、そもそもこれらの治療は坐骨神経痛の治療をしているわけではありません。シップ、痛み止の薬、ブロック注射は局所的、一時的に痛みを和らげたり麻痺させているだけです。ですので、薬の効果が過ぎれば再び痛み・しびれは感じるのです。

痛みが悪化していなければまだ良い方で、薬や注射で痛みがやわらぐと「良くなった」と勘違いして、通常通りに仕事や家事・子育て、運動をしてしまいますよね。

本来、痛みやしびれでできなかった動作ができてしまうので、カラダに負担がかかります。結果、薬の効果が切れてくると前よりも坐骨神経痛は悪化するのです。

リハビリやマッサージを受けているんだけど、変化がなくて悩んでいませんか?

リハビリやマッサージは、「あたためる」「電気を流す」「腰のマッサージ」「カラダを動かす」などの治療をしてくれます。これらの治療で腰痛や坐骨神経痛が解消される場合もあります。

ただ、坐骨神経痛の症状が強い場合や坐骨神経痛に対してのアプローチができていない場合、これらの治療だけでは坐骨神経痛は解消されづらい。坐骨神経痛を起こしている本当の原因から調整することが症状改善の近道です。

実は、坐骨神経痛の本当の原因は疲労(内臓疲労)です

坐骨神経痛が起きる大元の原因をたどっていくと「疲労」、とくに「内臓の疲労」(内臓機能の低下)です。坐骨神経痛の原因は「内臓の疲労です」と言われても、「?」ですよね。(笑)

お腹が痛い時をイメージしてください。お腹に手を当てて前かがみになりますよね?これが「ゆがみ」です。お腹の働きが落ちて痛みを感じるので、無意識にカラダを前かがみにゆがませてお腹が働きやすくしています。

腹痛のように痛みを感じないまでも、内臓は疲れるのです。呼吸、消化、排泄など普段生活する中で意識している人は少ないと思いますが、内臓はフル稼動しています。

内臓が疲労すれば、働きを助けるためにカラダがゆがむ。ゆがんだまま生活すれば、カラダのどこかに負荷がかかる。負荷がかかり続けると、筋肉などが損傷して痛み・こり・しびれを起こす。

坐骨神経痛に置き換えて考えると、内臓が疲労してカラダがゆがみ、腰周辺に負荷がかかる。負荷がかかり続けることで、筋肉などが損傷して痛み・しびれを起こす。

坐骨神経痛の原因の大元は「内臓の疲労」なのです。

整体の力で坐骨神経痛の「本当の原因」から調整します

坐骨神経痛、改善のキーポイントは「循環」です。当院では、「首」「足首」「手首」「内臓」「筋肉」の調整を整体で行うことで、「内臓の疲労」やゆがんで崩れたカラダのバランスを整えます。

ゆがんだ血管をまっすぐにしてあげるようなイメージです。血液が流れやすく「循環」が高まります。

当院では、整体の力で「内臓」の調整をして「循環」を高め、本当の原因から坐骨神経痛の解消を目指します。

坐骨神経痛の関連記事

  1. 坐骨神経痛
  2. 坐骨神経痛に効くストレッチ
  3. 坐骨神経痛の症状チェック
  4. 坐骨神経痛の対処法をお探しの方へ
  5. 運動で坐骨神経痛は良くなるの!?
  6. ブロック注射で坐骨神経痛は良くならない!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加