ブロック注射で坐骨神経痛は良くならない!?

ブロック注射で坐骨神経痛は良くならない!?

病院で坐骨神経痛と診断されブロック注射をされる方は多くいます。

ただ、あまり変化がなく、このまま続けたほうが良いのか別の治療をしたほうが良いのか、どうすれば良いかわからなくってしまった、、、。不安な思いをされている方に、何かお役に立てるよう坐骨神経痛とブロック注射についてお話ししていきますので、参考にしてみてください。

坐骨神経痛とは?

そもそも坐骨神経痛とはどういったものかおわかりですか?
腰が痛かったり、おしりから足にかけて痛み・しびれを感じている。歩くこともままらない、夜も眠れない、といった状態になります。

腰から足先にかけて走っている「坐骨神経」という太くて長い神経。腰やおしりのあたりで、硬くなった筋肉がこの坐骨神経を圧迫することで腰から足先にかけて痛みやしびれを感じます。

坐骨神経痛は「筋肉の硬さ」による坐骨神経の圧迫で起こります。

ブロック注射の効能

ブロック注射は、その名前の通り神経の働きを「ブロック」する効果があります。ここでいう「神経」とは「痛みやしびれを感じる神経」です。
ブロック注射は「痛みやしびれを感じる神経」をブロック、麻痺させています。

ブロック注射で坐骨神経痛は良くならない!?

ブロック注射をして坐骨神経痛が良くなった、という方もいらっしゃいますが多くは変化がないようです。先ほども述べたように坐骨神経痛は「筋肉が硬くなること」で坐骨神経痛が圧迫されて起こります。

ブロック注射は「痛み・しびれを感じている神経」を麻痺させます。これは麻酔のようなもので、一時的に痛み・しびれを感じなくさせているのです。そのため、注射の効果が無くなれば再び痛み・しびれを感じます。

元に戻るくらいならまだ良いのですが、痛み・しびれが麻痺している間に動き過ぎてしまえば腰にかかる負担は大きくなっているので坐骨神経痛は悪化するでしょう。ブロック注射は、坐骨神経痛を根本から治療しているわけではありません。

一生懸命ブロック注射しているのに効果がなく、「もう治らないのか、、、。」「どうすれば良いかわからない、、、。」と不安になっている方は落ち着いてください。そもそも、ブロック注射は坐骨神経痛を根本から解消する治療ではありません。

原因を治療することをオススメします

坐骨神経痛を改善するには、坐骨神経を圧迫している「硬くなった筋肉」を解消することです。ブロック注射をして神経を麻痺させても、硬くなった筋肉はほぐれません。

坐骨神経を圧迫している「硬くなった筋肉」の調整。そして、神経を圧迫するほど筋肉を硬くしてしまった原因から解消することが、坐骨神経痛の解消になります。

坐骨神経痛の原因はゆがみです

なぜ神経を圧迫するほど筋肉が硬くなるのか。それはカラダの「ゆがみ」が原因です。

カラダがゆがんだ結果、腰やおしりに負担がかかり筋肉を硬くさせるのです。坐骨神経痛の原因は「ゆがみ」。

いくらブロック注射をして痛み・しびれを麻痺させても「ゆがみ」を調整しない限り坐骨神経は改善されません。

「ゆがみ」は整体で解消できます

当院では坐骨神経痛を引き起こしている「ゆがみ」を検査でみつけだし整体で調整。痛み・しびれのある腰や足だけでなく全身の調整をすることで、腰やおしりにかかる負担を軽減していきます。

整体で「首」「足首」「手首」「内臓」「筋肉」の調整をすることで「ゆがみ」を整え、血液の循環を改善。セルフケアもアドバイスしていますのでご自分でおカラダのケアができるので、再発予防にもなります。

坐骨神経痛の関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加