坐骨神経痛の治療で一番大事なこと

坐骨神経痛の治療で一番大事なこと

こんなお悩みありませんか?

  • 腰からおしりにかけて痛みとしびれがある
  • ちょっと動いたりするだけで、足の付け根を中心におしり、膝の裏が痛む
  • 腰、ふくらはぎとすねが痛みとおもだるく、夜寝るにも歩くにもつらい
  • ふくらはぎから下のしびれ
  • 歩くときフワフワして足に力がはいりにくい

腰痛や足の痛み・しびれがつらくて病院で診てもらうと坐骨神経痛と診断。

牽引療法や電気療法、温め、薬物療法をしてもなかなか良くならないで困っている・・・

 

こんなことでお悩みではありませんか?

 

なかなか改善しないけど手術はしたくない

でも、どうしたら良いかわからない・・・

他に改善方法はないのか

 

という方のご参考になればと思い今回の記事を書かせていただきます。

 

整形外科で行われている以外の治療法やご自分でできるケアをお伝えしますので、ぜひご覧ください。

 

坐骨神経痛の一般的な治療

まずは整形外科で坐骨神経痛と診断された場合、どういった治療をしていくのかいくつか挙げていきます。

 

  • 薬物療法(痛み止め、筋弛緩剤など)

病院では「痛み止め」「筋弛緩剤」などの薬が処方されます。

実は、薬はその場しのぎの痛みを麻痺させるもので、坐骨神経痛の治療にはなりません。

 

数ヶ月も薬を飲んでいる場合は、副作用で胃や肝臓にダメージを受けているので、注意してくださいね。

痛いからと薬を飲み続けるのではなく、上手に付き合っていく必要があります。

 

  • 牽引療法

病院では背骨を伸ばすけん引療法もしてくれます。

ただ、けん引療法が腰痛や坐骨神経痛に効くという証拠はないようです。

実際に当院の患者さんでも、けん引療法をした方はいらっしゃいますが効果が感じられないといった声を聞きます。

 

  • コルセット

腰のサポートをしてくれるコルセットをつけると楽になる場合があります。

ただ、コルセットは腰のサポートをしてくれますが、坐骨神経痛の原因の改善にはなりません。

コルセットをしていると楽だからと、仕事やスポーツをして腰に負担をかけると、腰痛や坐骨神経痛は悪化しますので気をつけましょう。

 

  • 手術

腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離・すべり症が原因で、坐骨神経痛の症状が強い場合には「手術」をすすめられることがあります。

 

  • マッサージ

マッサージをする場合もありますが、背骨に問題がある状態で腰へのマッサージをすると腰痛、坐骨神経痛は悪化する可能性がありますので気を付けてくださいね。

マッサージ中に痛みを感じたり、マッサージ後に痛みが強くなる場合は刺激が強すぎる可能性があります。

 

 

病院で診断を受けている場合、あなたもこれらのいずれかの治療をしてきたのではないでしょうか。

これらの治療で良くなってしまえば良いのですが、2ヶ月も3ヶ月も治療を続けてきたけどなかなか良くならない、良くなっている気がしない、という方も多くいらっしゃいます。

 

なかなか症状が改善しないと、どうしたら良いのかと不安になってきますよね。

 

病院で相談すると手術をすすめられ、

「もう手術するしかないかなあ」

「でもできれば手術はしたくないなあ」

などいろいろ考えてしまいますよね。

 

やっぱり手術にはリスクもありますし、100%症状が改善するわけではありません。(100%改善されるなら皆さん手術しますよね)

 

そこで、手術する前にできる、病院で行われる以外の治療法をいくつかご紹介していきますのでご参考にしてください。

 

  • 薬物療法
  • 手術

手術する前にできるその他の治療法

治療法の紹介

民間療法として、

  • 整体
  • 鍼灸
  • カイロプラクティック  など

 

整体

整体は、字のごとく体を整えます。

体のゆがみやバランスの悪くなった体を整えることで、腰や足にかかる負担を軽減し症状を改善していくのです。

 

坐骨神経痛で腰や足に痛み・しびれを感じていても、そこだけに問題があるというわけではありません

背骨のかたさや足首のかたさが坐骨神経痛を引き起こしている問題である、ということがよくあります。

ですので、腰や足だけを施術するのではなくカラダ全身のゆがみを整えることが重要です。

 

整体にも、痛みを伴う整体やすごくソフトな整体で何をしているのかよくわからない、という整体など様々な種類があります。

あなたの好みとカラダに合った整体法がに見つかると良いですね。

 

鍼灸

良く言われているのは、カラダに鍼を刺すことで筋肉の表面だけでなく筋肉の深いところまで届くので筋肉がゆるみやすい、ということです。

その他にもツボを使った施術や刺さない鍼など施術法はいろいろあります。

 

カイロプラクティック

カラダの不調は背骨のゆがみから起こると考えられています。(もし違っていたらゴメンナサイ)

背骨のゆがみを矯正することで様々な症状が改善していく、という考えです。

 

カイロプラクティックというと、ボキボキ鳴らすイメージが強いと思いますが、強い刺激のものだけでなくソフトなものもあるようです。

 

その他にも様々な治療法がありますので、あなたに合ったものがみつかると良いですね。

 

湘南台ゆがみ改善整体院は整体院ですので、整体について詳しく記載していますが(笑)、あなたの坐骨神経痛が改善されるのであれば治療法はなんでも良いと思います

病院でのリハビリや手術する前にも、こういった治療法がありますのでぜひトライしてみてください。

 

中には整体や鍼灸を受けても、なかなか改善しないとお悩みの方もいらっしゃると思います。

そういった方は治療と同時に生活習慣を改善することで症状が治っていくことが良くあります。

 

例えば、整体や鍼灸をしていくらカラダを整えても、夜更かしや安静にできないという状況ではカラダは回復していきません。

整体や鍼灸などの治療と同時にしてほしい生活習慣の改善、治りやすいカラダを作るための過ごし方をお伝えしていきますね。

 

  • 整体
  • 鍼灸

生活習慣の改善

坐骨神経痛を改善するためには、痛みやしびれを回復しやすいカラダにすることが大切です。

そのためには生活習慣の改善がとても重要になります。

 

生活習慣とは、食事・睡眠・運動です。

なぜ、これらの生活習慣が痛み・しびれを改善するために重要なのか解説してきます。

 

  • 睡眠

寝ることでカラダは回復します。

寝てる間に成長ホルモンというホルモンの働きで、カラダの細胞の修復や再生を行いカラダの回復をします。

 

特に22:00〜2:00は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、もっとも成長ホルモンが働く時間帯です。

ですので、いくら睡眠時間をじゅうぶんにとっていても夜更かしをしてam2:00や3:00に寝ていてはカラダは回復しづらいのです。

 

お仕事をされている方や主婦の方ですと日々の仕事に追われpm10:00に寝るのはムズカシイとは思いますが、できるだけゴールデンタイムに多くの時間寝てあげることが重要になります。

理想は10:00〜2:00を含む7時間程度の睡眠です。

 

しっかり睡眠をとることが坐骨神経痛を改善するための最重要ポイントになります。

当院で初回の来院時に必ずお伝えしていることの一つです。

 

  • 食事

食事もカラダの回復には大きく関係しています。

食べたものでカラダはできていますので単純に、悪いものを食べれば悪いカラダになり、良いものを食べていれば良いカラダになります。

 

他には暴飲暴食やお酒の飲み過ぎも内臓を疲労させ、カラダの回復力を下げる要因になります。

食事も痛みやしびれと大きく関係しているのです。

 

  • 運動

運動をすることで血液の循環を高め、痛みやしびれを起こしている細胞の再生や修復を行います。

 

運動といっても激しい運動は必要なく、30分程度の軽いウォーキングでじゅうぶんです。

ここでの目的は血液の循環を高めることで筋力をつけることではないので、カラダがぽかぽか温まる程度の運動を意識しましょう。

 

痛みで歩くのもつらいという方は無理をしないでください。

その代わりに、湯船に浸かる、カイロを貼る、などしてカラダを温めてください。

 

カラダを温めることは運動と同じように血液の循環を高める働きがあります。

運動やあたためで血液の循環を高めましょう。

 

 

以上が、坐骨神経痛を改善しやすいカラダにするために重要な生活習慣です。

 

治療をしてもなかなか良くならないとお困りでしたら、ぜひご自分の生活習慣を見直して改善できるとこは改善していきましょう。

 

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

坐骨神経痛を改善するためのポイント

坐骨神経痛が起きるには痛みやしびれを起こしている原因があります。

その原因に対してのアプローチができていないと、いくら牽引療法や薬物療法、整体や鍼灸治療をしていてもなかなか良くなりません。

 

いろいろな治療をしてもなかなか良くならない坐骨神経痛の原因を見つけ出し、それに対してアプローチすることが重要です。

その原因にアプローチできるのであれば薬や牽引、整体や鍼灸、治療法はなんでも良いと思います。

 

坐骨神経痛の治療で一番大事なことは、坐骨神経痛の「原因」に対してしっかりアプローチすることです。

 

あなたの坐骨神経痛の原因にアプローチできれば、なかなか良くならなかった坐骨神経痛でもしっかりしっかり改善するはずです。

 

以上、坐骨神経痛の治療で一番大事なことについてお話ししていきましたがいかがでしたでしょうか?

 

少しでもあなたのお力になれれば幸いです。

 

もしあなたが、

牽引療法や電気療法、温め、薬物療法をしてもなかなか良くならないで困っている・・・

なかなか改善しないけど手術はしたくない

でも、どうしたら良いかわからない・・・

他に改善方法はないのか

 

こんなことでお悩みでしたら、お気軽にご相談くださいね。

 

あなたからのご連絡をお待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加