寝違えが楽になる治療法

寝違えが楽になる治療法

そのうち良くなるだろう、と思っていたのになかなかよくならない・・・。さすがに心配になってきた・・・。そんな人も多いのではないでしょうか。

首はすごく大事な部分で寝違えによる痛みだけでなく、こじらせると様々な問題を引き起こします。そのうち良くなるだろうと軽視せずに、しっかり治してあげましょう。

薬やシップが効かない

病院で処方してもらった痛み止めやシップをしている。少し和らいだ気もするけど、まだまだ痛みはあるし良くなってる気がしない。薬を増やそうかな・・・。と考えている人もいるのではないでしょうか。

そもそも薬は痛みを止めているだけで、その場しのぎの対処法です。寝違えを根本から治療しているわけではなく、痛みを感じさせないように麻痺させています。

薬を増やしても寝違えは治りませんし、薬の副作用で内臓にダメージを受けるのです。内臓にダメージを受けると循環が悪くなるので、寝違えはさらに治りにくくなるという負の連鎖にはまってしまいます。

電気治療したその日は楽だけど・・・

接骨院などで首に電気治療をして、その日は楽なんだけど次の日にはまた痛みが戻ってる。電気治療で首の循環を高めて、筋肉をほぐすことは良いことです。

でも次の日に戻ってしまうということは、寝違えを起こしている本当の原因を改善できていないからかもしれません。寝違えを起こして、首に痛みが出るには必ず原因があります。

寝違えの原因から治療することが大切

寝違えて首が回らない、痛いと感じると、首に問題があると考えますね。そのためシップを首に貼ったり、電気を首にかけたり、首のマッサージをします。

でも、実は首に問題はないのです。寝違えを起こしたり、首の痛みを感じるには他の原因があります。

その原因から改善していかないと、いくら痛み止めや電気治療、マッサージをしても寝違えは良くなりません。首の痛みを起こしている本当の原因を調整することで寝違えは解消されていきます。

寝違えの原因とは・・・

寝違えを起こしている本当の原因はカラダの「ゆがみ」です。カラダがゆがんだ結果首に負担がかかり、無理な姿勢で寝たりすることがきっかけで寝違えを起こします。

首に問題はありません。そのため、電気治療やマッサージで首だけをゆるめてもまた元に戻ってしまうのです。

例えば、カラダがゆがんだ「猫背の」姿勢をイメージしてください。猫背では背中が丸まり、肩が前に出て頭も前に出ています。この状態では首にかなり負担かかりますよね。

その負担がかかり続けることで、寝違えは起こるのです。首に負担をかけて首の筋肉を硬くさせている、カラダの「ゆがみ」を解消すれば寝違えは良くなります。

整体で寝違えを調整します

当院では寝違えを起こしているカラダの「ゆがみ」を調整。寝違えだから首という施術ではなく、全身をみて全身の調整をしていきます。

まずは、検査で寝違えを起こしている「ゆがみ」を見つけ出します。整体でゆがみを整え循環を改善し、なかなか良くならい寝違えの解消を目指します。

寝違えの関連記事

  1. 寝違え
  2. 寝違えた時の対処法
  3. 寝違えに効く正しいストレッチ法
  4. 寝違えたら病院に行くべき!?
  5. 寝違えは冷やすのが正解!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加