首こりに効くストレッチ

首こりに効くストレッチ

現代人はパソコン、スマホ操作などでうつむいている時間が長くなりました。液晶画面で目は疲れますし、うつむいているので首に負担がかかります。そういったことが理由でか、首こりを感じている方がむかしと比べて増えました。

首は脳に近いですし大事な神経が通っているところなので、こっているだけだからと軽視しないでくださいね。首こりが悪化すると頭痛、めまい、吐き気、胃腸の不調、不眠など様々な不調を引き起こします。

首こりを感じたら早めに対処してあげましょう。

首こりに効くストレッチ

ストレッチのポイントは首だけじゃなく「足首」「手首」「腰」のあたりもストレッチしましょう。ストレッチ法はなんでも良いです。

首こりの方は足首、手首、腰の筋肉が硬くなっていることが多いので、全身のストレッチをしてあげてください。

ストレッチのやり過ぎは注意

首こりを解消しようと、首周りのストレッチを一生懸命やりすぎないようにしてくださいね。首には大事な神経、血管が通っています。

無理なストレッチでこの神経や血管が刺激されると逆に不調が起きてしまいます。自分でポキポキ鳴らすのも注意してください。こり固まっていると「ポキッ!」と鳴らして気持ち良くなりたいですよね。

無理なストレッチもポキポキ音を鳴らすのも、やり過ぎると首の骨を支えている靭帯などがゆるんでしまいます。そのため、重い頭を支えることができず、首がフラフラ不安定になってしまいます。そうすると、首をしっかり支えようと首の周りの筋肉が硬くなるので、結果的に首こりは悪化してしまうのです。

ストレッチ以外の対処法

ストレッチをしても首こりが良くならない方は他の対処法を試してください。

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 運動

いっけん首こりとは関係なさそうですが、本当はすごく関係しています。この3つに共通していることは、全てカラダの循環を高めてくれるのです。

暴飲暴食、飲酒、おかし、スイーツ、ジュースなどのとりすぎは、内臓を疲れさせますし、質の悪い血液になってしまいます。循環が低下する。

寝てる間にカラダは回復しますので、睡眠不足にならないようしっかり眠ってカラダを回復させます。

運動は激しいものではなく、30分くらいの軽いウォーキング程度でOKです。疲れすぎてしまうような運動は、逆効果なので気をつけましょう。

「ゆがみ」改善で首こり解消

実は、首こりは首が悪くて起きているのではありません。本当の原因はカラダの「ゆがみ」です。

食事、睡眠、運動などの生活習慣の乱れがカラダをゆがませ、ゆがんだ結果として首に負担がかかり首こりを起こします。

そして首こりが悪化すると様々な不調が起きてくるのです。「ゆがみ」の改善が首こり改善の近道です。

整体で「ゆがみ」を調整します

食事、睡眠、運動を正しく行えば、だいたいの「ゆがみ」は解消されます。
ですが、日々の忙しい生活の中でこれら全てを正しく行うのは難しいですよね。

当院では首こりを起こしている「ゆがみ」を検査でみつけだし、整体で調整します。首こりなら首だけという施術ではなく、全身の調整をして首にかかる負担を解消していくのです。

整体でカラダの循環を高め、「ゆがみ」を解消し首こりを解消します。「みずぽっと体操」という、水のゆらぎを利用したセルフケアもアドバイス。施術以外の時間でも、ご自分でつらい症状の緩和ができるので安心ですし、症状改善も早まります。

首こりの関連記事

  1. 首こり
  2. 薬で首こりは良くならない!?
  3. 枕が合わないと首こりになる!?
  4. ガンコな首こりが良くなる治療法
  5. 首こりが悪化してひどい頭痛でお悩みのあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加