枕が合わないと首こりになる!?

枕が合わないと首こりになる!?

朝起きた時の首のこりつらくないですか?

首こりがつらくて朝目が覚めていませんか?

朝起きたときに首こり、肩こりが、腰が痛いなどの症状が出る場合、質の良い睡眠がとれていないかもしれません。

通常睡眠は、カラダを回復させます。しかし、朝起きた時に首こりなどを感じるのであれば、寝てる間にカラダの状態を悪化させているかもしれません。

睡眠の重要性

人は通常であれば寝てる間にカラダを回復させます。

日中活動して首こりや腰痛、疲れを感じても寝ることで次の日までに回復するのです。睡眠時間が短かったり飲酒など要因はいろいろありますが、枕が合わないことも質の悪い睡眠の一つです。

枕が合わないと首こりになる理由

ポイントは頚椎(首の骨)です。
実は、人が二本足で立つ際には頚椎でバランスをとっています。頚椎が微妙に動きバランスをとることで、重い頭を支えているのです。

そして、この頚椎の動きが悪くなった時に他でバランスをとらないといけなくなる。それが骨盤です。

骨盤をゆがませることでバランスをとる。
骨盤でもバランスがとりきれなくなると腰痛や肩こり、首こりなど様々な不調を起こします。

頚椎がバランスをとるために自由に動けることは大事なのです。ですが、枕が合わないと、というよりは正確には「首を固定するように安定させてしまう枕」では、頚椎が自由に動けません。

頚椎が動けないのでバランスがとれず寝ている間にカラダがゆがんでしまいます。ゆがんだ結果、首に負担がかかり首こりを起こす。

これが枕が合わないと首こりになる理由です

どんな枕が良いのか?

簡潔にいうと、「首をしっかり支えない枕」です。寝ている間にも頚椎が自由に動けるようにしてあげます。

 

 

 

首こりは「ゆがみ」を解消することが大事

首こりの本当の原因は「ゆがみ」です。実は、首こりを感じる首に問題はなありません。そのため、いくら首だけをマッサージしたり温めてもなかなか良くなっていかないのです。

カラダがゆがんだ結果、首に負担がかかり首こりを起こしています。

首に良い枕を使うことも大事ですが、それだけで全ての「ゆがみ」がとれるわけではありません。いろいろな枕を試しても首こりが改善されない場合は、しっかり専門家にみてもらいましょう。

整体で首こり改善できます

当院では首こりを起こしている「ゆがみ」を検査で見つけだし、整体で調整していきます。

首こりだから首だけの施術ではなく、「首」「足首」「手首」「内臓」「筋肉」などの全身調整を整体で行い循環を高めていきます。

セルフケアのアドバイスもしていますので、施術以外の時間でもつらい症状を緩和できるので症状改善も早まります。

首こりの関連記事

  1. 首こり
  2. 首こりに効くストレッチ
  3. ガンコな首こりが良くなる治療法
  4. 首こりが悪化してひどい頭痛でお悩みのあなたへ
  5. 薬で首こりは良くならない!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加