肩こりの症状チェック

肩こりの症状チェック!!

肩こりのチェックリスト

自覚症状

  1. 肩に重さを感じる
  2. 目が疲れやすい、ショボショボする
  3. 首から肩の筋肉が硬くなっている
  4. 頭がボーッとして頭痛がする
  5. めまいや吐き気がする

日常の動作、生活

  1. パソコン作業や車の運転など、長時間同じ姿勢を続けることが多い
  2. スマホやタブレットの操作時間が長い
  3. イスに座るときに背中を丸めた姿勢になりがち
  4. 座ると足を組んでしまう
  5. 休日は家でゴロゴロしてることが多く、運動はあまりしない
  6. 睡眠不足で体が疲れている
  7. まくらが合わず寝付きにくい
  8. お風呂は湯船につからずシャワーだけ

その他

  1. メガネやコンタクトが合わず、目が疲れる見えにくい
  2. 視力が低下してきて見えにくい
  3. 仕事や人間関係でストレスが多い
  4. イライラしたり緊張を感じることが多い

 

いかがでしょうか?

1〜3個  肩こり初期段階、黄色信号

肩こりの初期段階です。肩こりが悪化しないよう、生活習慣(食事・睡眠・運動)に気をつけましょう

4〜6個  肩こり進行中、赤信号

だいぶ肩こりが進行しています。もしかすると、すでに頭痛、めまい、吐き気を感じているかもしれませんね。

今は感じていなくても徐々に出てくるかもしれません。自分でなんとかしようとせずに、専門家に任せましょう。

7個以上  あなたの肩こりはだいぶ重症です、すぐに対処すべき

ここまでくると、こりや痛みの自覚症状もかなり強いはずです。薬を服用している人もいるのではないでしょうか。肩に負担をかけている、大元の原因から解消してあげる必要があります。

薬やマッサージが効かない・・・

肩こりがひどく痛み、頭痛、めまい、吐き気を感じていて痛み止めなどの薬飲んでいませんか?肩こりがいつまでも治らないので、長い間薬を常用している。

実は、薬で肩こりが良くなることはありません。薬はあくまでもその場しのぎの対処法で、肩こりが良くなることはないのです。

頭痛、めまい、吐き気は肩こりが悪化して起きた症状です。肩こりを改善する必要が必要があります。痛み止めの薬は、肩こりを改善しているわけではなく痛みを止めているだけ。痛みを感じる神経をマヒさせて、痛みを感じなくさせているのです。

肩に負担をかけて肩こりを起こしている原因を解消しない限り、肩こりは改善されません。

マッサージも同様です。マッサージをして肩周りの筋肉だけをゆるめても肩こりは改善されません。その時は気持ちよくて楽になっても次の日にはまた元に戻ってる、なんて経験ありませんか?

そして刺激が足りなくなってきて、どんどん強もみのマッサージを求めてしまう。そのときは楽になるけどまた元に戻る、これの繰り返し。実は、硬くなっている筋肉をほぐそうと強い刺激で揉むと、肩こりは悪化します。

筋肉は硬くなると伸縮性がなくなるので、強い刺激が加わると、耐えきれずに筋肉が切れて傷つきます。ですので、いつまでも肩こりが改善されないのです。マッサージに行って肩こりが悪化した、というのは良くあることなので気をつけてくださいね。

それでもどうしてもマッサージをしてもらいたい場合は、すごく弱い刺激でじゅうぶんです。肩こりが強く筋肉が硬くなっている状態では、それだけでじゅうぶんな刺激になります。

肩こりを引き起こす原因

薬やマッサージで肩こりが改善しないのは、肩に負担をかけている原因を解消できていません。肩に負担をかけている原因とは、カラダの「ゆがみ」です。

カラダがゆがんだ結果、肩に負担がかかり肩こりを引き起こしています。肩こりでは肩に問題がると思いがちですが、実は違うのです。ですので、いくらマッサージをしても肩こりは良くなっていきません。

カラダの「ゆがみ」を解消することで肩こりは改善していきます。

自分の肩こりがヤバイんじゃないか?と思った方へ

薬やマッサージで肩こりを誤魔化すのではなく、「ゆがみ」から改善していくことをオススメします。当院では、肩に負担をかけ肩こりを引き起こしているカラダの「ゆがみ」を、整体の力で調整していきます。

肩こりだから肩という施術ではなく、カラダ全体をみていきます。整体で全身の「ゆがみ」を調整して循環を促進し、なかなか良くならないガンコな肩こりの解消を目指します。。

肩こりの関連記事

  1. 肩こり
  2. 肩こりに薬は効かないってホント!?
  3. 肩こりに効果的なストレッチの仕方
  4. 枕が合わなくて肩こりになってませんか?
  5. ガンコな肩こりの本当の原因

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加