ガンコな首こりが良くなる治療法

ガンコな首こりが良くなる治療法

首こりは、首の付け根から肩、背中のあたりまでこりや痛みを感じる症状です。

症状が悪化すると頭痛、めまい、吐き気、胃腸の不調など様々な症状を引き起こします。首には大事な神経や血管があり、首こりが強いとこれらの神経や血管を圧迫するためです。

現代ではパソコン、スマホの普及によりうつむいてる時間が長く、首こりになる人が増加しています。単なる首こりと軽くみるのではなく、症状が軽いうちからしっかりケアをしてあげましょう。

シップや薬では首こりは良くならないと思っていますよね?

首こりがつらくて病院に行き、レントゲンで異常がなくシップや痛み止めの薬を飲んではいるけど『首こりが良くならない・・・。』と感じてませんか?

実は、シップや薬では首こりは良くなりません。シップや痛み止めの薬はその場しのぎの治療法です。痛みやこりを治すのではなく、神経をマヒさせて痛みやこりを感じなくさせています。

そのため、薬の効果がきれれば、再び痛み・こりを感じるのです。薬を飲んで少し症状が軽減されると、治ったと勘違いして首に負担のかかる動作を繰り返し、結果的に首こりは悪化します。

シップや胃痛み止めの薬で首こりを誤魔化すのではなく、首こりが起きている原因から改善してあげると首こりは良くなっていきますよ。

自分で行うマッサージ、ストレッチは危険です

首こりがつらいと、自分でグイグイマッサージをしたり、おもいきり首の筋肉を伸ばすようなストレッチをしますよね。

でも、気をつけてくださいね。両方とも首こりを悪化させてしまいます。

硬くなった筋肉をほぐそうとグイグイと強いマッサージをすると筋肉が傷つき、さらに筋肉は硬くなるのです。

ストレッチのしすぎは首の骨を支えている靭帯などがゆるみすぎてしまい首が不安定になります。そのままでは不安定なので、靭帯の周りにある筋肉がしっかり支えようと頑張るのです。結果的に筋肉がガチガチに硬くなり、首こりは悪化します。

自分でストレッチやマッサージをしていけないのではなく、強すぎことは危険です。硬いからと、おもいきりマッサージしたりストレッチするのはやめましょう。物足りないくらい軽いくらいでじゅうぶんです。

強もみのマッサージは気をつけてください!

強すぎるマッサージは首こりを悪化させます。気持ち良いくらいの刺激でじゅうぶんです。

ただし、首こりが強い人は感覚がにぶくなっているので、気持ち良いと感じるくらいではかなり刺激が強くなります。「強く揉んでもらわないと気持ち良くない」と感じる方は、首こりがかなり強くなっている証拠です。

次の日に、揉んでもらった部分が痛い、ダルいなどの揉み返し感じる場合は刺激が強すぎます。また、◯◯分◯◯◯円のマッサージ屋さんは無資格の先生がやっている場合が多く、医学的な知識も少ない場合がありますので注意してくださいね。

もし、あなたが医学的な知識をしっかり持っている人に施術していただきたいなら「国家資格」を持っているか聞いてみるのも良いと思います。

首こりは「ゆがみ」が原因です

「マッサージで首を揉んでもらった時は気持ち良いんだけど、次の日にはまた元に戻っちゃう」なんてことありませんか?

良くあることなのですが、これは首こりの本当の原因から解消されていないからです。

硬くなった首の筋肉を揉んでほぐすことは良いことですが、次の日には戻ってしまうのは、首の筋肉を硬くしている原因が解消されていません。
首こりの本当の原因は「ゆがみ」です。

カラダがゆがんだ結果、首に負担がかかり首こりを引き起こしています。この「ゆがみ」から解消されないと、いくらマッサージをしてその場では筋肉がゆるんでも、次の日には戻ってしまうのです。

マッサージに行っても良くならないとお悩みであれば、「ゆがみ」から改善することが首こり解消の近道です。

整体で首こり解消できます

当院では、首こりの本当の原因である「ゆがみ」を調整します。

同じ首こりでも人によって「ゆがみ」は様々なので、どこに「ゆがみ」があるのか検査でみつけだし整体で調整していくのです。

首こりだから首だけの施術ではなく、「足首」「手首」「内臓」「筋肉」の調整を整体で行い血液の循環を高めます。

セルフケアのアドバイスもしていますので、施術以外の時間でもつらい症状をご自分で緩和することができるので症状改善も早まりますよ。

首こりの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加