腰椎椎間板ヘルニアで手術後再発、どうすれば良いか悩んでいるあなたへ

腰椎椎間板ヘルニアで手術後再発、どうすれば良いか悩んでいるあなたへ

一度、腰椎椎間板ヘルニアの手術をしたのに別の場所で再発。「なんで再発するんだ・・・」「また手術するのか・・・」「どうすれば良いかわからない・・・」とお悩みの方に、少しでも参考になればと思いお話しさせていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

もう一度手術した方が良いのか・・・?

一度手術していますし、できれば手術はしたくないですよね。一度手術したのに再び腰椎ヘルニアになるには、なにか原因があります。その原因を解消しない限り、手術してもまた腰椎ヘルニアになる可能性があるのです。

手術する前にできることはまだあります。それらを試しても変化がなければ、手術でも良いのではないでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニアが再発する原因

腰椎ヘルニアが再発する原因はカラダの「ゆがみ」です。カラダがゆがんだ結果、腰に負担がかかり腰椎椎間板ヘルニアが起きます。この「ゆがみ」が解消されない限り、いくら腰椎ヘルニアの手術をしても再発する可能性があるのです。

「ゆがみ」を起こしている正体は、内臓の疲労です。内臓が疲労することで働きが悪くなり、血液の循環が低下します。次に、働きが落ちた内臓をかばうためカラダが前かがみになる。これが「ゆがみ」です。

お腹が痛い時をイメージしてください。無意識に前かがみになっていますよね。これは「ゆがみ」。胃や腸が痛いから、それをかばうために前かがみになっているのです。

これと同じことが、内臓が疲労した時にも無意識に起きています。腰椎ヘルニアの場合、「ゆがみ」のある状態で生活することで、腰に負担がかかり続けるので腰椎椎間板ヘルニアが起きるのです。

再手術を受ける前にできること

腰椎ヘルニアの原因は「ゆがみ」でした。「ゆがみ」を起こしているのは「内臓の疲労」でしたね。「ゆがみ」が起きないように「内臓の疲労」を回復することが重要です。

そのためには、

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 運動

の生活習慣を見直すことです。

これらが正しく行えていないと、内臓が疲労して循環がわるくなり腰椎ヘルニアが起きやすくなります。

食事は野菜中心のバランスの良い食事をとりましょう。暴飲暴食、お酒、ジャンクフード、おかし、ジュース、スイーツな内臓を疲労させます。

睡眠の理想は、午後10:00〜午前2:00の間はしっかり寝てあげることです。人は寝てる間にカラダを回復させます。睡眠時間が短かったり、夜中に寝て遅く起きるという睡眠では体は回復できません。

最後に、運動。適度な運動で循環を高めましょう。激しい運動ではなく、30分くらいのウォーキング程度でOKです。ウォーキング中やウォーキング後に痛み・しびれが強くなるのであれば中止しましょう。

この3つをしっかり実践できれば、内臓の疲労は回復しやすく「ゆがみ」も解消されていきますので、ぜひ実践してみてください。

整体で「ゆがみ」を調整します

食事・睡眠・運動をしっかりできればカラダはかなり良い状態になります。ですが、腰椎ヘルニアが再発するような状態では、かなりガンコな「ゆがみ」になっています。

その場合、自分だけで「ゆがみ」を解消するのは難しいです。生活習慣を見直しても良くならない場合は、専門家にまかせましょう。

当院では腰椎ヘルニアを引き起こしている「ゆがみ」を検査で見つけ出します。整体でゆがみの調整し、腰が痛むから腰の施術ではなく全身のバランスをみて調整。

セルフケアもアドバイスしていますのでご自分でつらい症状の緩和ができますし、再発の予にもなります。

あきらめずに頑張りましょう!

腰椎椎間板ヘルニアの再発というと、精神的にもつらいですよね。

「なんで自分だけ・・・」「もう治らないのか・・・」「この先仕事はどうしたら良いのか・・・」「スポーツはもうできないのか・・・」

でも、あきらめないでください。あきらめなければ、きっと良い方向に向かいます。

焦らずに頑張りましょう。

腰椎椎間板ヘルニアの関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰椎椎間板ヘルニアの症状、診断チェック
  3. 腰椎椎間板ヘルニアの治療法は病院以外にもあります
  4. 腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因
  5. 腰椎椎間板ヘルニアのリハビリの効果がなく悩んでいませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加