腰椎椎間板ヘルニアの症状、診断チェック

腰椎椎間板ヘルニアの症状、診断チェック

腰椎椎間板ヘルニアのチェックリスト

A.自覚症状

  • 常に腰痛があるか、ときどき激しいい腰痛がある
  • 常に激しい腰の痛みがある
  • 常におしりから足にかけて痛み・しびれがあるか、ときどき痛み・しびれがある
  • 常におしりから足にかけて激しい痛み・しびれがある
  • 歩いて5分もすると痛み・しびれ、足に力が入らなくなり歩けない
  • 常に痛み・しびれ、足に力が入らない感じがして歩けない

B.日常の動作

  • 寝てる姿勢から起き上がる、イスから立ち上がるのがかなりつらい
  • 洗面所で顔を洗う動作がつらい
  • 長時間立っていられない
  • 長時間座っていられない
  • 物を拾うなど、かがむ動作ができない

 

C.膀胱、腸の働き

  • おしっこが出にくい、もしくは頻尿
  • 便秘、もしくは下痢

いかがでしたでしょうか?

A、B、Cの合計が4つ以上ある場合、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。
病院で診断を受けるなど、放置しない方が良いでしょう。

 

腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因

もしあなたが薬、ブロック注射、けん引療法などの治療法を試してきたけど、あまり変化がない・・・。と、お悩みであれば、もしかしたら腰椎ヘルニアの原因にアプローチできていないからかもしれません。

腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因は「ゆがみ」です。ゆがんだ結果、腰に負担をかけ腰椎椎間板ヘルニアが起きます。

なんの理由もなくヘルニアは起きるのではなく、しっかり理由があります。

自分でできる「ゆがみ」の解消法

「ゆがみ」を起こしている原因をたどっていくと、大元は食事・睡眠・運動の生活習慣の乱れです。意外かもしれませんが、これらの生活習慣の乱れがゆがみを引き起こしています。

  • 食事

暴飲暴食、お酒、おかし、ジュース、スイーツの食べ過ぎ飲み過ぎは、内臓を疲れさせ循環を低下させます。対策としては、野菜を中心としたバランスの良い食事で、お酒、おかし、ジュース、スイーツはできるだけ減らしてあげると良いです。

  • 睡眠

人は寝てる時にカラダを回復させます。不規則な睡眠では、疲れがとれず循環が悪くなります。午後10:00〜午前2:00は睡眠のゴールデンタイム。この時間の睡眠が最もカラダを回復してくれる時間帯です。

  • 運動

適度な運動は循環を高める。痛み・しびれをがまんするような運動は必要ありません、悪化する可能性があります。30分くらいのウォーキング程度で全身運動をしてあげましょう。

これらの食事・睡眠・運動を見直すことで「ゆがみ」は整えられます。ただ「ゆがみ」が強い場合、これだけで腰椎椎間板ヘルニアが治るというわけではなりません。ですが、生活習慣を見直すことで症状の出にくいカラダになっていきます。

整体で腰椎椎間板ヘルニアの解消を目指します

当院では、腰椎椎間板ヘルニアを起こしている「ゆがみ」を検査でみつけだします。その「ゆがみ」を整体で調整し、腰椎椎間板ヘルニアの解消を目指すのです。

腰や足に痛み・しびれがあるからと腰・足だけの施術ではなく、全身の調整をします。整体で全身の「ゆがみ」を調整し、循環を高めます。

腰椎椎間板ヘルニアの関連記事

  1. 腰椎椎間板ヘルニア
  2. 腰椎椎間板ヘルニアの治療法は病院以外にもあります
  3. 腰椎椎間板ヘルニアの手術後再発、どうすれば悩んでいるあなたへ
  4. 腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因
  5. 腰椎椎間板ヘルニアのリハビリの効果がなく悩んでいませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加