腰椎椎間板ヘルニアのリハビリの効果がなく悩んでいませんか?

腰椎椎間板ヘルニアのリハビリの効果がなく悩んでいませんか?

腰椎椎間板ヘルニアと診断されて薬やブロック注射、けん引療法、電気治療などリハビリを頑張ってるけど効果がない・・・。もう手術したほうが良いのか・・・。どうすれば良いのかわからない・・・。

と、お悩みの方の参考になればと思い、腰椎ヘルニアのリハビリについてお話しさせていただきます。

薬、ブロック注射は腰椎椎間板ヘルニアを根本から治療しているわけではありません

痛み止めの薬やブロック注射をしても痛み・しびれが変わらない、むしろ悪化している・・・。と感じている方は多いのではないでしょうか。

実は薬やブロック注射で腰椎ヘルニアの原因から治療しているわけではありません。薬やブロック注射はあくまでも痛み止めです。痛みを感じる神経をマヒさせて痛みを感じにくくさせています。

腰椎ヘルニアを治しているわけではなく、その場しのぎの対処法になります。ですので、薬やブロック注射をしても症状が変わらないと悩まなくても大丈夫です。

腰椎ヘルニアの原因から対処をしていけば、痛みしびれは解消されます。

リハビリ(けん引療法、電気治療)は効果ありますか?

病院でのけん引療法や電気治療に頑張って通院している、という方もいらっしますよね。しかし、けん引療や電気治療が腰椎ヘルニアに効果があるという証拠はないようです。

それらのリハビリで良くなれば問題ありません。あまり効果を感じれないという方は、他の方法を試してみると良いですよ。

どうすれば症状は解消されますか?

腰椎ヘルニアを起こしている本当の原因から調整すれば、症状を解消することはできます。痛み止めの薬やブロック注射は、その場しのぎの対処法ですよね。リハビリ(けん引療法や電気治療)も腰椎ヘルニアの原因にアプローチできていません。

腰椎ヘルニアになるには腰椎ヘルニアになる理由があるのです。

腰椎椎間板ヘルニアの原因は・・・

腰椎ヘルニアが起きる本当の原因は、カラダの「ゆがみ」です。カラダがゆがんだ結果、腰に負担がかかり腰椎ヘルニアが起きます。

腰椎ヘルニアで痛み・しびれを感じると腰に問題がありそうですよね。でも、実は痛み・しびれを起こしているところに原因てないのです。そのたっめ、いくら腰に対してのアプローチをしても良くなっていきません。

腰に負担をかけているカラダの「ゆがみ」を調整すると腰椎ヘルニアは解消されていきます。

自分でできる「ゆがみ」改善法

日常の生活でできることがあります。食事・睡眠・運動を正しく行うことです。

暴飲暴食、お酒、おかし、ジュース、スイーツなどの食べ過ぎ飲み過ぎは「ゆがみ」を作ります。内臓を疲れさせ循環を悪くするのです。野菜中心の食事にして食べ過ぎに気をつけましょう。

睡眠不足や、夜中に寝て遅く起きるなど不規則な睡眠も循環を低下させます。人は寝てるあいだにカラダを回復させるのでしっかりと睡眠をとりましょう。午後10:00〜午前2:00は最もカラダを回復してくれる時間帯です。

最後に適度な運動。痛み・しびれを伴うような激しい運動ではなく、30分程度の軽いウォーキングで循環を高めましょう。

この3つを正しく行えば「ゆがみ」は解消されやすいカラダになります。

即効性があるのは「バランスを整える」ことです

食事・睡眠・運動を正しく行えば「ゆがみ」は良くなります。と言っても日々の仕事や忙しい生活の中で、そこまでできないよ、という方もいらっしゃいますよね。

なるべく早く良くなりたいんだという方は、カラダの「バランスを整える」ことでより改善しやすくなります。「バランスを整える」方法は整体やカイロプラクティック、鍼灸なんでも良いです。

当院では、カラダのどこに「ゆがみ」があり腰椎ヘルニアを起こしているのか検査で見つけ出し、ゆがみが特定できたら整体で調整していきます。

腰椎ヘルニアだから腰だけという施術ではなく、全身の調整をすることでゆがみを解消していくのです。

腰椎椎間板ヘルニアの関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加